閉じる

■垂れ幕・横断幕仕様

横断幕・垂れ幕6mの場合の仕様について、ご説明いたします。

@ハトメは約1m間隔でお打ちいたします。 付属のロープを適度なサイズにカットして、ハトメに取付けて
ご使用ください。
A周囲縫製
6mmΦのPPロープを中に入れます。
ターポリンの端を4cm程度折り返して2本針で縫製いたします。
垂れ幕も横断幕も周囲縫製の仕方は同じです。 C上下パイプ用袋
袋垂れ幕の場合、上下にパイプ用の袋加工をいたします。
垂れ幕には付属品として、85cmの長さのパイプを2本お入れいたしますので上下の袋に入れてお使いください。
B風抜き
幕が風などであおられるのを低減する為に、
風抜き用の穴を400mmから450mmぐらいで
約3m間隔でお入れいたします。
風穴の個数

4m以下の場合→風穴なし

5・6・7mの場合→風穴1つ

8・9・10mの場合→風穴2つ

※長さやデザインによっては、風穴が文字に重なるときがあり、やむをえず文字の一部を切ることがありますので、ご了承の程よろしくお願いいたします。
付属品
垂れ幕にはパイプ2本とロープ1週分相当の長さのものをお付けいたします。
横断幕にはロープ1週分相当の長さをお付けいたします。
適度な長さにカットしてお使いください。

垂れ幕・横断幕の仕様ついて問い合わせをする

閉じる